ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

破天荒。

「ちぎり食いやっちゃう?」
「やっちゃおう

先日差し入れした時、みんなでちぎって食べた時のおいしさ
もちろん、味もおいしいのだけど、
普段やらない豪快な食べ方、刃物が入らない分
美味しさ感が割り増します。

焼いた本人が、話だけだったので、
やってみたかったようです

IMGP8911.jpg
「まーくんのシフォンにチョコクリーム
前日、愛しのボクの誕生日リクエスト。
「誰にもあげない!」と受け取ってくれた。
あげようよ・・・

残りのクリーム、たっぷりつけて。
うっまーい

IMGP8909.jpg
豪快や大胆なさまに使われている昨今、
本来「破天荒」とは、前人未到の境地を切り開くこと。

設計、農民、菓子作りと、
一見全く違うことを、自分の頭と手で、同じ事とする、まーくん。

豪快とは程遠い雰囲気だけど、
実は、ワタシよりずっと広い幅を持ってる、と思う。
これからも、気負いなく、
破天荒に行ってくれ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/30 11:20 ] うちのこと | TB(0) | CM(0)

残念ですが。

明日の雨が、早まったようです。

再開初日に、早引けもイヤなので、
残念ですが、今週は見送ることとさせていただきます。

来週は、お天気になりますように

と、梅雨時に願うのは不自然・・・。

また、お知らせさせていただきます。
関連記事
[ 2014/06/27 20:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お知らせ。

長らくお休みをいただいていた、
openovenさん前の直売ですが、
明日6月28日(土)より、再開させていただきます。

しばらくは、土曜日のみ、雨が降らない限り、
10時頃より、1時頃まで立たせていただきます。

お越しをお待ちしています



「やられた。」枕元から夫の声。

夫からの報告のほとんどが、枕元、
と言うのも、いかがなものか?と思いますが・・・。

寝ぼけた頭に、
昨年の黄色トマトどろぼうが、蘇るも、
今回はカラス。

前日、用を足しに二人で出かけている間、
畑は50羽以上のカラスの襲撃にあったそうです。
大家さんも、あまりの数の多さに役所に通報したと言う。

明日完熟!と楽しみにしていた1段目のトマトも、
きゅうりも、ズッキーニも、大家さんのとうもろこしも、スイカも・・・。

偶然、行きの車から見た、
ごみ集積所の、節操のない散らかしっぷりに、
「ゴミのいただき方、ヒナに教育してないね。」
なんて、冗談を言って通ったが、ウチもやられてました。


リスクを犯してまで、いたずらするのは人間だけ。
カラスも必死なのでしょう。

カラスだって、ニュースでよく見るサルやクマだって、
本来は、異種族の持ち場に介入したくはないと思う。
そうせざるを得ない理由が、こちらにあるような気もあるので、切ない。
ただ、こちらも大切な食いぶち。守らなきゃ。

気持ちを立て直せないままの、片付け作業に、
昨日は夫も疲れた様子でしたが、
今日も、畑に出掛けて行きました。


タリトルを始めた時からのお客様、
15歳のワンちゃん、トコちゃん。
飼い主さん共々、この時期トマトを楽しみにしてくれています。

「一番トマトはトコちゃんに!」

どろぼう騒動で、思いっきり食べてもらえなかった昨年からの、
我が家の決め事。

こんな事になるなら、一日早く収穫しておけばよかった。
・・・いやいやいや。
夫もワタシも同じ想いでした。

ギリギリまで、木で熟させる。
いいものが出来るまで、待つ。
都合で、やり方を変えてしまったら、
こんな、一緒に待ってくれないだろう。

自分達が、他の方法では作れないのを、
棚に上げても、
変えたくないことを守らないと。

それを貫くには、仕方のないこともある。


そんなわけで、お持ちできる野菜も少ないですが、
「来ればいいよ!」と言って下さったopenovenさんのお言葉に甘え、
再開させていただきます。




関連記事
[ 2014/06/27 12:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

最近のごはん。

今日は、薄日が差したり、雷が鳴ったり・・・。
気のおけないお天気でした。

たいして降らなかった雨も、
各地で局地的な大雨に。
三鷹のヒョウは、ニュースで見ていても怖かった。
あちら辺でも、畑がたくさんあるだろうと・・・。

今週は梅仕事を。
大家さんが、今年も梅を採ってくれた。

「今年は少ないよ。」

たしかに。
大きいは大きいが、数は去年の3分の1。
少し買い足そうと、八百屋さんに行くも、
やはりあまり良い物がなく、値段も高い。
「着花の頃に、大風が吹いたせいだよ。」
オジサンが言っていた。

ほとんどの作物が、一年に一度しか出来ない。
共に自然の事とは言え、世知辛いなぁ。
最近のお天気が、どうしても自然のことと思えないせいだろうか。


IMGP8859.jpg
そんな中、今年も大好きな紫陽花が色付きました。


畑の野菜も少しづつ。

ズッキーニ。
IMGP8723.jpg
牛肉と炒めたり、

IMGP8738.jpg
パスタにしたり。

可愛い名前の山東菜、タイニーシュシュ。
IMGP8863.jpg
アサリと豆腐のスープに。
シュウマイも新玉ねぎをたくさん入れて。

小さい新玉は、
IMGP8866.jpg
丸ごと鶏肉と煮ます。
虫だらけになってしまうので、買う専門のとうもろこしも、
粒が大きくなってきました。

種を蒔いてから、無事育ってくれの一心で、毎日毎日。
寒い冬を越え、春を浴びて、出来た野菜たち。
愛しいです。


関連記事
[ 2014/06/25 00:24 ] つくったごはん | TB(0) | CM(0)

父の日に。

父の日に、父からお米が届いた。

「お父さんから、ミホが届いたよ~。」
と夫。

IMGP8834.jpg
ハハハ。たしかに。

お礼と一緒に、その旨伝えると、
IMGP8838.jpg
と、父から返ってきた。

何もお祝い出来ない事を詫びると、
IMGP8840.jpg
と、返ってきた。

こんな時、メールが有り難いと思う。
メールの父は、毒舌ではありません。
関連記事
[ 2014/06/15 15:15 ] いつもありがとう。 | TB(0) | CM(0)

強がり。

僕がみたいのは、かっこ悪い君なのに
いつも いつでも かくすんだね。

僕がみたいのは、泣き虫の君なのに
いつも いつでも 笑うんだね。
・・・
(寒い夜だから 斉藤和義)


弱音を吐くときって、
実はまだ、余力があるとき。
「私、ギリギリです。」って、伝えられるんだから。
ハッパ掛けても大丈夫。

強がってるときって、
実はとっても気をつけてあげないと、なとき。
自分でなんとかしようとしてるから。
注意深く、かまってあげないと。

畑の野菜をみて、そんなことを想った。

関連記事
[ 2014/06/13 23:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お知らせ。

14日(土)お昼頃より、
菅野のダスキントQさんにて、
直売をさせていただきます。

新玉ねぎや春菊、ズッキーニなどお持ちします。


佐原さんの錫のアクセサリーも入荷しているそうです。
img_1.jpg
楽しみです。
関連記事
[ 2014/06/13 00:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

静岡みやげ。

静岡に帰ったら、必ず買ってくるもの。

もちろんすべて食べ物です

まずは、
IMGP8811.jpg
谷岡の栗。
駅で、クルクル炒っています。
これは、父や母がこちらに来てくれるとき、
何も言わなくても、買ってきてくれる大好物。

そして、
IMGP8808.jpg
清水屋の黒大奴。
マックロクロスケのように小さく可愛いお菓子。
上品な薄あんを、昆布入りの羊羹で包んであります。
こちらは、酒蒸し饅頭といつも迷って
今回は、奴と決めて行きました

パッケージに弱いっす
IMGP8821.jpg
カルディのチョコクランチ。
祝世界遺産でしょうか。
清水の次郎長。
裏は三保の松原に舞う天女の羽衣でした。

結婚式の引き出物は、
IMGP8816.jpg
これまた大好きな両口屋是清の二人静。
母も大好きで・・・きっと喜んでいるでしょう。

新茶や黒はんぺんは、オバが、
「荷物になるから、送っといたよ!」
有り難いです。

全部お取り寄せできるけど、しない。
帰ったときのお楽しみ。
関連記事
[ 2014/06/11 01:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

静岡へ。

従妹の結婚式で、静岡に帰省しました。

久しぶりの静岡。
前日か後日に、一泊するつもりでいましたが、
切符を買うときは、猛暑だったため、
野菜とダイちゃんが心配で、早朝~最終の日帰りに。

結構降っていた雨が、小田原を過ぎた辺りからすっかりあがり、
熱海に着く頃には、青空に。

「ああ、この空の色。」
パルコも109もある街よりも、
新幹線から見る、高い高い空の色は、一気にワタシを静岡人にもどす。

改札の前に、母が待っている。
階段の上から見つけた時、
帰る時より泣きそうになる。
「忙しいのに、悪いっけね。」
夫を見上げて話す母を見て、
「あっつ~い」と濁すワタシ。

夫と母が並んで歩く姿を、後ろから見て
また泣きそうになる。

父、母、ワタシ、そして夫。
小さい家族。
ワタシにとっての帰省の始まりは、
いつもこんなです。


小さい家族ですが、親戚は大きいです
一番末の従妹の結婚式。
連れ合いも一緒に!も恒例。
親類だけで20名を越えています。

叔父叔母のますますの健康、
チビ達の成長・・・。
中年になったいとことの集まりは、
良いも悪いも取り繕いのない会話が飛び交います。

幸い、今のところ晴れの集まりばかりなので、
オメカシして、ご馳走をいただきながら、
従妹の幸せを祝います。

親戚が集まると、
ティーティティティ・・・
阿修羅のごとくのテーマ、トルコ軍隊行進曲が、
頭の中に流れている。

きっとみんないろいろ抱えているでしょう。
だから、なおさらみんなの顔を見に、
楽しみに集まってくるのだろう。

ヘンな意味でなく、
大切な時間にほど、隠し事はあるものだ。


IMGP8774.jpg
晴天のなか、お庭での挙式でした。
おめでとーう。

IMGP8804.jpg
引き出物は、花嫁の父と兄の手作りの、組み木のお盆。
二つの縁、とこしえに。の想いを込めて。


夕方、今度は父と待ち合わせ。

「何食いてーだ?」
食道楽の父は、逢うたびに育っているワタシに毒舌を吐くくせに、
食べる事しか聞かない。

「鰻~。」
タクシーに乗って、直行。

この鰻屋さんは、焼き鳥もおでんもあって、どれも美味しく、
毎回、
「食わせるのは惜しくないけど、最後の鰻の分を空けとけよ!」
と父は言う。

父と夫。
他に経験はないですが
このドリカム状態(古いか?)は、
ワタシにとって、この上なくシアワセな時間。

IMGP8803.jpg
がっつり、うな丼です
「まーくん食え!オマエはいいにしろ!」
ワタシの食いっぷりに、毎度の毒舌。
めんどくさそうに苦笑いの夫。
なんだか泣きそうになって、
もっと言われるように、丼をかき込んだ。

腹ごなしに、駅までゆっくり歩くことに。
電車で帰る父を、二人で見送って、
夫にありがとう。
よかったね。と夫。

年を重ねた、小さい家族。
たった一日の、日帰り帰省。















関連記事
[ 2014/06/09 13:10 ] うちのこと | TB(0) | CM(0)

梅雨入り。

これはホントの梅雨入りだろうか?

先週の猛暑から一転、この雨量

年々、季節の変わり目が、けんか腰で・・・。
楽しませてくれるどころか、
仲裁できない。

暑いも良し、雨もまた良し。
なんて風情を楽しむ程度を超えている。


オオチャクモノなので、日焼け止めも付けたり付けなかったり。
そんななので、黒くなっても、しょうがない!と思っている。

実を言えば、「日光浴」の益が、
ココロのどっかに残っているフシがある。

子供の頃、夏といえば海水浴。
あせもも海水で治るし、日焼けで健康的!みたいな。

今や、日焼けはもっての外!
子供でも、日焼け止めを塗ったりして。

うさぎ跳び、運動中に水飲むな・・・など、
常識が変わった事数知れず、な世代ですが、
思い返せば、春から夏のお天気は、子供の頃とたしかに違う。


一週間先の天気まで、知ることができ、
ああだこうだと、判った気でいる昨今。
その予報すら超える気象に、けんか売られているのは、
ワタシ達なのか?
なにかできるんでしょうかね。


今年も友の家の小梅ちゃんが熟しました。
IMGP8758.jpg

さっそくジャムにして、
IMGP8765.jpg
夫が作ってくれたアイスにのせて。

ワタシに使わせてくれる友、
収穫してくれたダンナさま、
そして、今年も実ってくれた小梅ちゃん、
ありがと~う。
ワタシのたいせつな季節感になっているよ。
関連記事
[ 2014/06/07 00:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Matiere 5th Anniversary。

いつもお世話になっているマティエールさんが5周年を迎えられます。

IMGP8751.jpg
おめでとーう

ダイちゃんが我が家に来て、1年経った頃に、
マティエールが、誕生したんだな。

その次の年の9月、回遊展でご一緒してからのお付き合い。
ありがたいことです。

毎年この時期は、野菜が少なく、
お祝いに、華を添えることができませんが、
今年も5日(木)の美味しいモノの日に、参加させていただきます。

明日は6周年に向けてのスタート
たいせつな作品達、お客様の笑顔に囲まれた、
素敵な一日になりますように。

関連記事
[ 2014/06/03 23:52 ] いつもありがとう。 | TB(0) | CM(2)

ダイちゃん6歳。

ダイちゃんが、我が家にやってきたのは、
6年前の6月8日。
巡って、今年は同じ日曜日。

前の猫が亡くなって1年。
二人の生活に慣れた頃、
大家さんが、
「坂の下で子猫が道にいて、車が立ち往生してるよ。
飼ったら?」と。

降りてみると、毛玉のような小猫が子供達に抱かれていました。
「誰か飼うの?」と聞いてみると、
「飼いたいけど・・・無理。」
「じゃあ、おばちゃんもらっていい?
あそこのおばさんに聞けばおうち判るから、いつでも逢いに来てね。」
目の前のお店のレジにお隣さんがいるのです。

DSCF3035.jpg
この写真は、2週間くらい経ってからのもの。
来た日のは、あまりにぐしゃぐしゃで
夫の煙草と同じくらい小さく、病院に連れて行っても、
育つかどうか、と言われ、
大きくなーれ!とダイちゃんに。

名前が良かったのか

DSCF3103.jpg
顔の毛もキレイになり。

DSCF3209.jpg
よく食べ、よく寝て、

DSCF5897.jpg
今では、カラダも態度もデカくなりました。

名前どおり、ワタシ達の暮らしの中に、
大きな存在となったダイちゃん。

ウチにいてくれて、ありがとね。



関連記事
[ 2014/06/03 01:35 ] うちのこと | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。