ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビビンパ

今日のopenovenさん前の直売は、
マティエールさんとご一緒だった
やはり、女子はいくつになっても雑貨好き
小さなお子さんから年配の方まで、
目をキラキラさせて、選んでいた
次の出店が、待ち遠しいな

次回が決まりましたら、こちらのブログでもお知らせさせていただきます。

明日の直売は、都合により12時頃までとさせていただきます。




韓国料理では、じつに沢山の野菜を使う。
野菜を売っているくせに、あまり生野菜が得意ではない
口も胃も疲れる・・・。

鬼高にある、韓国料理の富の家さんのお母さんに
食べに行くたびに、色んな料理、特に野菜の使い方を教わった。

「この季節にこれを食べる、この鍋の時はこの野菜・・・」
など、田舎モノの私たちにとっては、とても理に適っていて、
美味しいものを頂きながら教わるオモニの味は
暑い時も寒い時も、酒を飲むために自転車で通った空気と一緒に、
その季節になると思い出し、無性に食べたくなる。

中でも、季節を問わず食べたくなるのが、ビビンパ。
甘い、辛い、酸っぱい、しょっぱい具を、混ぜて

今日のビビンパは、

IMGP1958_convert_20111113000542.jpg
わけぎと間引き菜のナムル、サツマイモの茎のナムル、ラディッシュの甘酢漬け、
卵、炒めたお肉、最近はまっている辛味大根、韓国海苔。
サツマイモの茎は、韓国では乾燥して一年中売っているのだそう。
茎の皮を剥き、ゴマ油、にんにく、塩、砂糖で炒め、たっぷりのすりゴマであえる。

「断然生よ!」と手を灰汁で真っ黒にしながら、
無料のパンチャンのために、届けた茎をひたすら剥いていた。
美味しいもののためには、手間を惜しまない
食べさせたいという気持ちは、世界共通の母の想いなんだろう


IMGP1965_convert_20111113000651.jpg
よーく混ぜ混ぜしていただきました


ラディッシュの甘酢漬けは、明日もお持ちしますし、
野菜は売るほどありますので
みなさんも日曜の夕食は、混ぜ混ぜいかがでしょうか
スポンサーサイト
[ 2011/11/13 01:03 ] つくったごはん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。