ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

季節に教わる。

こんなに寒い冬は初めて
毎日畑の貯め水に2センチ以上の氷が
はずした氷も全く溶けない。どーゆーこと?

葉物も花芽も、じっと固まっている。

少ない野菜にもかかわらず、寒い中今週もたくさんのお客様が、
直売に来てくださり、感謝致します。


少しは良い事もないと。
野菜が美味しいです
縮みほうれん草やスティックブロッコリの甘いこと
「なんでこんなに甘いの?」
よくお客様に聞かれますが、季節のおかげとしか言いようがない

このあいだテレビに、京料理人の西健一郎さんが出ていて、
親方であるお父さんの音松さんが、技術などは一切教えてくれず、
「大事な事は、季節が教えてくれる」と口癖のように繰り返していたそうだ。
昔は、料理人になるには、まず八百屋さんに奉公にいって、
旬の野菜を、その味をまず仕込まれたそう。

甘い、苦い、酸っぱい、ポクポク、シャキシャキ、トローリ・・・。
その季節の恩恵や、厳しさを受けた旬の食材。
日本はその機微を大切に暮らしてきた国。
受け継いでいきたい。


IMGP2646_convert_20120130222114.jpg
直売前の味噌汁は、売れないキズ野菜がいっぱい。
スポンサーサイト
[ 2012/01/31 00:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。