ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノンフィクション。

先日のお料理教室で。
何かの話から種の話になり、参加の方が
「日本以外の種もあるんだ!」と。

すかさず、私が
「今出回っている野菜の種のほとんどは外国産だし、
野菜のルーツも外国のものの方が圧倒的に多いですよ。
ホームセンターに行かれたら、種袋の後ろを見て、原産国を知れば、
その野菜が寒い所の出か、暑い所の出か判ります。
それを知ると、料理する時の野菜の組み合わせがみえてきますよ。」


帰宅して、夫にその話をすると、
すかさず、夫が
「な~に、知ったかぶって
その掟破りが得意なのがミホじゃん。
そんなつまんねーこと、教えてんの?」

そーでした
お恥ずかしい、先生ズラしちゃいました


野菜作りを始めたのは、自分達が食べたい時に食べたい野菜がないから。
あんなにスーパーに食べものがあっても、
買いたいものがなくって、途方にくれたから。
トウキョーに行けば、今度はありとあらゆるものがあったけど、
過大評価に吊り上げられた価値。
お布団に乗せられた野菜を、有り難がって1つ買ってどうしよう

日本は四季があって、長くって、
そして世界に誇る技術があって、今や一年中食べられないものはほとんどない。
でも、いちごっていつできるんだ?
トマトって、一年中あるけど栄養同じか?
使うと陳腐だけど、やってみると難しいコトバ。
「普通」で「自然」なものに触れたい。


フィクションは、時代で変わって、自由で、目を引く。
ノンフィクションは、良いも悪いも、存在そのもの。

見様によっては、不器用で、こだわっているようかもしれないが、
そのものにさからわず、寄り添ったものづくりがしたい。
野菜もお料理も。出来れば夫婦関係も
こちらの方は、時にフィクションも必要なようで・・・
どちらにしてもまだまだです。




季節の変わり目は、野菜も変わり目。

IMGP3970_convert_20120613112933.jpg
黄色になってグリーンピースじゃなくなったえんどう豆でごはん。
もちもちして味はこちらの方が好き。
組み合わせ無視の、いも、豆、かぼちゃの大行進


IMGP3930_convert_20120613112712.jpg
掘りたての玉ねぎは、えぐ味、臭味が全くなく、何をしても美味しい。
これは甘酢に付けた玉ねぎで、すっぱカレー。


IMGP3966_convert_20120613112834.jpg
お腹いっぱい食べたくて、野菜作りを始めたと言ってもいい位、
二人とも好きなインカのめざめ。
豆とインカと春菊、シャケのペンネ。
イモとシャケはやはり相性抜群!


IMGP3974_convert_20120614010911.jpg
最後の最後の露地いちご。
チビたのでも、かわいい、大事な今年のコ










スポンサーサイト
[ 2012/06/14 00:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。