ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

果実を煮る。

1年を通して、色んな果実を煮ています。

苺、いちぢく、りんご、梨、柚子やみかんなどの柑橘類・・・。

今の季節は、デコポンと甘夏。

同じ柑橘でも、ぜんぜん違います。

デコポンは、皮を剥いて、プロセッサーにかけて煮るだけで、
仕事も楽なはずなのに・・・。
自然のデコポンは、皮がとても剥きにくい。
包丁で切れ目を入れても、親指が痛くなります。
つまみ食いするにも、それはそれは酸っぱくって
煮ても、結構アクが出て・・・。
出来上がりは半量以下に。

愛らしい姿とは裏腹に、
面倒かけるヤツだな。と思っている。
でも、並べると、あのなんとも言えない色と
デコポンと言うネームバリューに、
「わぁ、デコポン
と、みなさん手にとってくださる。
作り手にとっては、とっても嬉しいことなのだけど、
個人的には、
「あーぁ、どこまでもチヤホヤされるヤツ
と、ひがみ根性ライバル意識がメラメラ。
自分で作ってるのに、我ながら、バカですね~。


一方、甘夏は、見た目はあんなにごついのに、
切り込みさえ入れれば、
皮むきサクサク、ホロ取りも大好きな仕事。

必ず、ジャムとピールは一緒に煮ます。
IMGP6190_convert_20130403131423.jpg
色がキレイに出るのと、苦味が強い甘夏、
一番使う量を控えられるので、白糖を使います。

IMGP6195_convert_20130403131506.jpg
横で煮ているジャムの煮汁を加えながら。


あんなに硬かった皮が、茹でこぼし、
煮詰めていくうちに、ゼラチン状になって。

ジャムの方も、意外にもアクはほとんどなく、
自分のペクチンでトロリと固まって。

仕事が多い分、愛着があるのかもしれません。


アクの多さは、苺が一番。

いちぢくは、すぐに水気がなくなるので、
フツフツと跳ね、短気なヤツ。

りんごや梨は果汁に糖分が多いので、
気付けば、床までペタペタに。

柚子は手がかからず、色々使えて、
いつも助けられている。

まるで、子沢山のお母さんになった気分です。
それぞれ手にとって下さった方に、
喜んでもらえれば、なによりです。
スポンサーサイト
[ 2013/04/03 14:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。