ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイちゃん6歳。

ダイちゃんが、我が家にやってきたのは、
6年前の6月8日。
巡って、今年は同じ日曜日。

前の猫が亡くなって1年。
二人の生活に慣れた頃、
大家さんが、
「坂の下で子猫が道にいて、車が立ち往生してるよ。
飼ったら?」と。

降りてみると、毛玉のような小猫が子供達に抱かれていました。
「誰か飼うの?」と聞いてみると、
「飼いたいけど・・・無理。」
「じゃあ、おばちゃんもらっていい?
あそこのおばさんに聞けばおうち判るから、いつでも逢いに来てね。」
目の前のお店のレジにお隣さんがいるのです。

DSCF3035.jpg
この写真は、2週間くらい経ってからのもの。
来た日のは、あまりにぐしゃぐしゃで
夫の煙草と同じくらい小さく、病院に連れて行っても、
育つかどうか、と言われ、
大きくなーれ!とダイちゃんに。

名前が良かったのか

DSCF3103.jpg
顔の毛もキレイになり。

DSCF3209.jpg
よく食べ、よく寝て、

DSCF5897.jpg
今では、カラダも態度もデカくなりました。

名前どおり、ワタシ達の暮らしの中に、
大きな存在となったダイちゃん。

ウチにいてくれて、ありがとね。



スポンサーサイト
[ 2014/06/03 01:35 ] うちのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。