ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父からの贈り物。

最後の仕上げ、柱を塗りに、
連休中、父がこちらに来てくれた。

塗りに、と言っても、ワタシと同じくらいの年の柱。
シミ、くすみなど、味わい深い感じです

父は職人。
手を掛けるものには、ある程度の成果を求める。
化粧部員、さながら
「ツヤアリ、少し入れるか?」
ワタシ

若返らせるのでも、箔を付けるのでもなく、
この先もよろしく程度に、
少しの水分補給と日焼け止めを塗ってくれればいいのだけどな・・・。

技術を持たない者が、
やろうと思えば何だって出来る職人に、
ご機嫌を損ねることなく、
なんの根拠も無いニュアンスを伝え、
技術を発揮してもらうことの難しさは、
設計の仕事の時に、日々痛感していたが、
それが身内、夫など義父に、なのだから
お察ししますっ!な数日
おかげで、ワタシにとっては、得がたく益々愛着のわく空間となり。


父からの贈り物。
IMGP0188.jpg
ワタシと夫に一枚づつ。
30mmはあるので、削って何度も使えそう。

なによりの贈り物は、
いい歳して、全く心許無いワタシ達のやることに、
ひと言の文句も言わず、面白がって出掛けて来てくれること。

離れていても、そこかしこに、父がいます。
ありがとう。





スポンサーサイト
[ 2015/05/05 17:38 ] うちのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。