ta:little blog

夫婦二人とおばあちゃんの小さな畑と台所 タリトル ツマの雑記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おもいで。

ホテルオークラの本館が閉館した。

こんなにショックを受けているわりには、
昨日の夜のニュースで知ったのだが・・・。

私達が、休日見学に行ったのは、
もっぱら、息子さんの谷口吉生氏の建築だったが、
初めて、オークラのロビーに立った時の感動は忘れられない。

当時、やっと、自分の担当現場を持てて、
打ち合わせに、建て主の方と待ち合わせをしたのでした。

ピーンと張り詰めた意匠、
絶対的に場違いなはずなのに、
包み込まれるような居心地の良さ、
たくさんの人が行き交ってるのに、
飛び出た人がいない、空間。

「どうして君は、建築を目指したんだい?」

建て主さんに、聞かれているのか?
この空間に聞かれているのか?

その方は、きっとご自分の好きなこの空間に、
建築士としても、人としても、そして女性としても、
まだまだ未熟なワタシを、
仕事相手として招いてくれたのだ。

思い返すと、冷や汗ものだが、
20代、誰もが持つ根拠の無い自信と建築カブレのワタシが、
なんとお応えしたのかは、全く憶えてない
その1年後、竣工式で鏡割りをした日本酒を、
二人でしこたま飲み、満面笑みの写真は今でも手元にある。

「なんでも頼みなさい。」
違うものが出てくるんじゃないか?と思うほど、
知ってるのと違う値段に、驚きつつ頼んだオムライス
なにもかも違うものだった。

二度と立てないあの空間と、
懐かしい思い出にちなんで。

IMGP0555.jpg





スポンサーサイト
[ 2015/09/01 20:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。